コンセプト


イタリアン‐リベルタ
liberta(リベルタ)とはイタリア語で「自由」を意味します。シェフが生まれ育った千葉県の農家が作る野菜、山形県の山菜、川魚など。日本の四季を感じる和の食材を織り交ぜながら、イタリアンという枠を越え、それでも口にすればイタリアンを感じるような自由な発想のイタリア料理を提供しております。お客さまにも気兼ねなく自由な用途で楽しんでいただきたい。そんな思いからお一人様、パーティー、接待など、様々な用途でご利用できるようご用意させていただきます。こだわりのワインもチョイスしており、こちらも合わせてお楽しみください。

 

お料理の特徴。

リベルタ‐お料理
リベルタで扱う食材は、シェフ自らが産地を巡り、情熱をかけて生み出された最高の食材を生産者から直接仕入れているもの。シェフが生まれ育った千葉県の野菜。山形県の山菜、天然川魚。鹿肉・・・。イタリアンという枠を越え、日本の和の食材を生かし自由な発想なイタリアンを提供しております。その食材が持つ核心の味を最大限に生かし、いじらず、シンプルに。これが須貝シェフのスタイル。「この食材が、こんなに明確な味がするとは思わなかった!」そんな食材に対する新たな発見ができるお料理と出会えるかもしれません。またシンプルなだけではなく、食を五感で楽しめるサプライズが詰まったメニューをご用意しております。しみじみ心が温まる、小さな幸せ。そんな時間をお楽しみください。

 

食材へのこだわり。

リベルタ‐食材
当店で使用している食材は決して安価なものではございません。リベルタで取り扱っている食材は、どれも並々ならぬ手間をかけ生み出された一級のもの。そこには生産者の苦労があり、情熱があります。須貝シェフは食材探しに自ら現場に足を運び、生産者と心意気を肌で感じてきました。食材の生命と生産者のドラマを皿に込め、適正なお値段で、一品一品丁寧な仕立てで提供しております。お食事の際は、ぜひ食材の物語についてご質問くださいませ。

 

お酒類の特徴。

リベルタ‐お酒、ワイン
リベルタのサブコンセプトは「こだわりの一品とワインのお店」。様々なお酒類をご用意しており、お料理に合わせたワイン、お酒をチョイスいたします。お酒のストーリーも感じていただけるよう、そのビンに込められた作り手の思いをお料理とともに説明し提供してまいります。

 

自由に使えるイタリアン。

リベルタ=自由。このコンセプトの通り、お客さまには自由な用途でご利用いただきたいと考えております。当店は靖国神社の桜並木に佇む隠れ家的なイタリアン。お一人様でも気軽に入れるような身近で家庭的な雰囲気でお待ちしております。仕事帰り。大切な人とのひととき。会食。接待。さらにはパーティー、ケータリングのご利用など、お客さまのニーズに合わせてご用意させていただきます。どうぞ自由な用途で当店をご利用していただければ幸いです。
自由に使えるイタリアン

このページの先頭へ